ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

ファンキージャグラー 設定差・設定判別要素まとめ

スポンサーリンク


ファンキージャグラー設定差、設定判別ポイント、設定6看破要素についてまとめました。

ファンキージャグラーは全国に4280店の設置店舗があり、設定1の機械割が97%、設定6の機械割が109%とバランスに優れた勝ちやすい機種なので、

ホール側も主力機種として扱っていて、設定状況にも期待がもてる機種だと言えます。

ファンキージャグラーの設定差のある数値や確率、設定判別ポイントをしっかりチェックして、ホールでの立ち回りにお役立てください。

ファンキージャグラー 設定差&設定判別ポイント

ファンキージャグラーは解析が公表されていないので、パチスロ攻略マガジンによる10万Gプレイ時の実践値を掲載しております。(2017/12/6)

まず、ファンキージャグラー以下の確率に設定差があるので、これらの数値、確率をしっかりチェックしましょう。


【表-1】ボーナス合算確率

  BIG
確率
REG
確率
ボーナス
合算
機械割
設定1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
設定2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
設定3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
設定4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
設定5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
設定6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
1.18倍 1.64倍 1.34倍 -

差:設定6と設定1の設定差(比率)

ファンキージャグラーの設定判別をする際は、まずはボーナス合算確率から設定を判別していきましょう。

純粋に、総回転数に対するBR回数(BR確率)をチェックすることで設定判別します。

例えば、4000GでBIG16、REG12(合算確率=1/143)なら設定4くらいかな?といった設定推測で。

また、ファンキージャグラーREG確率に大きな設定差があるので重視しましょう。

設定6と設定1でREG確率に1.64倍の設定差があり、かなり強力な設定判別材料と言えます。

REG確率に着目することで設定の高低、場合によっては設定6看破の大きな手がかりになると思います。

ただし、ボーナス合算確率から設定を判別する場合は、ある程度の回転数(2000G〜3000G以上の試行)が必要です


【表-2】単独ボーナス確率

  BIG
確率
REG
確率
ボーナス
合算
設定1 1/370.2 1/668.7 1/238.3
設定2 1/362.6 1/568.0 1/221.3
設定3 1/369.0 1/508.7 1/213.9
設定4 1/345.1 1/463.0 1/197.7
設定5 1/346.1 1/413.7 1/188.5
設定6 1/312.2 1/363.3 1/167.9
1.19倍 1.84倍 1.42倍

ファンキージャグラーは単独ボーナス確率にも設定差があります。

特に単独REGボーナスに大きな設定差があり、設定6と設定1で1.84倍の設定差

単独REGボーナスは、設定判別には欠かせない判別要素と言えるでしょう。

例えば、理論値でボーナスを引いた場合、5000Gでの単独ボーナス回数は以下のようになるので参考にしてください。


総回転数 5000G BIG16、REG14
(設定6)

総回転数 5000G BIG14、REG7
(設定1)

単独ボーナスとは、小役と重複せずに単独で成立したボーナスのことです。

スポンサーリンク


【表-3】BR比率(BIGとREGの出現割合)

  BR比率
(BIG:REG)
設定1 1.8 : 1
設定2 1.6 : 1
設定3 1.4 : 1
設定4 1.3 : 1
設定5 1.2 : 1
設定6 1.2 : 1

特にファンキージャグラー高設定を看破するうえで参考になるのがBR比率

ファンキージャグラーは高設定になるほどREG比率が高くなり、設定5、設定6はBR比率≒1.2:1となるので高設定の看破材料として使えます。

例えば、理論値でボーナスを引いた場合、5000Gでのボーナス回数は以下のようになるので参考にしてください。


総回転数 5000G BIG22、REG18
(設定6)

総回転数 5000G BIG18、REG11
(設定1)

【表-4】ブドウ確率

  ブドウ
設定1 1/6.37
設定2 1/6.37
設定3 1/6.32
設定4 1/6.27
設定5 1/6.21
設定6 1/6.16
1.03倍

ファンキージャグラーは、通常時のブドウ確率にも段階的に設定差が設けられています。

ブドウをカウントすることで設定の高低、状況によっては設定6を看破できる場合もあると思います。

ブドウ確率は確率分母が小さく収束しやすいので、設定判別にはとても有効なツールです。

実際にホールでファンキージャグラーの設定6が使われているかを見抜くためにも活用できると思います。


【表-5】角チェ + ボーナス出現率

  角チェリー+BIG 角チェリー+REG 角チェリー+ボーナス
設定1 1/1083.7 1/1519.0 1/632.5
設定2 1/1080.2 1/1390.9 1/608.0
設定3 1/1015.4 1/1300.5 1/570.2
設定4 1/1039.4 1/1260.3 1/569.6
設定5 1/973.5 1/1252.4 1/547.7
設定6 1/969.2 1/1115.8 1/518.7
1.12倍 1.36倍 1.22倍

ファンキージャグラーは、角チェリー + ボーナス出現率にも設定差があります。

特に角チェリー + REG確率に比較的大きな設定差があり、設定6と設定1で1.36倍の設定差

ただし、【角チェリー + REG】は確率分母が大きく、設定差もそれほど大きくないので参考程度に。

ファンキージャグラー 設定判別・設定6看破まとめ

上述した分析結果より
ファンキージャグラーは設定差のある、以下の確率を参考にして設定判別していきましょう。

@ボーナス合算確率=1/126.0(3000G以上の試行が必要)
ABR比率≒1.2:1
B単独REG確率=1/363.3
Cブドウ確率=1/6.16
D角チェリー+REG確率=1/1115.8

上記の数値はファンキージャグラー設定6の実践値なので、設定6を看破する際に参考にしてください。

総合的に判断して、これらの条件を満たすような挙動データを示したら設定6の期待が高まると思います。

中でも、ファンキージャグラーは単独REGボーナス確率に大きな設定差があるので、

通常時は単独ボーナスとチェリー重複ボーナスを見抜くためにチェリー狙いをおこない、ボーナス当選契機を察知しながら打ちましょう。

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2017年12月6日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します