ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

ジャグラーの午前中から昼にかけての立ち回り

スポンサーリンク


ここでは、管理人DRAMの実践経験を踏まえて
ジャグラーの午前中から昼ごろにかけての
台選びのコツと立ち回りの方法をご紹介します。

まず、昼間のホールは朝一とは違って、ある程度の回転数がついているので、
その日の店の傾向や高設定の有無、ハズレ台などが少しずつ見えてくる時間帯ですよね。

ほかの人が打っている台のスランプグラフやデータも確認できるので、
前日の高設定の据え置きや低設定の上げ(リセット)挙動なども昼ごろには判別できる場合があります。

ですので、ジャグラーで昼から立ち回るときは、まずはこういった当日の挙動
過去3日〜1週間分くらいのデータをチェック&比較しておくと高設定が絞りやすくなりますよ。


●REG確率と合算確率に着目した台選び


では、お昼の時間帯はどういった台を狙っていけばいいのでしょうか?

例えばニューアイムジャグラーEXを例にして
具体的にデータで示すと以下のようなボーナス履歴の空き台を狙っていきましょう。


総回転数 1,000G BIG2、REG5
(合算1/142)

総回転数 700G BIG1、REG4
(合算1/140)

どうして上記の台が高設定と判断できるのか?

まだ回転数が少ないので、高設定の確信はもてませんが
REG確率と合算確率が設定6並みの数値なので
現時点で高設定の可能性が高いからです。

ニューアイムジャグラーEXBIG確率にはそれほど設定差がないので
逆に、設定差の大きいREG確率を参考にして
台選びをしたほうが高設定の期待が高まります。

特に、昼ごろの時間はREG先行台が空き台になっていることが多く、
こういった台を狙っていくと勝率がアップすると思います。


●郊外店の(甘い)客層に着目した立ち回り


お昼からジャグラーで立ち回るときは
スロット専門店のような若者が多いホールよりも
ご年配の方や初心者の人が多い郊外店のほうが高設定をGETしやすいです。

なぜなら、そういった客層の人たちは
REGが先行しても、最後にコインが飲まれてしまうと
追加投資せずにヤメてしまう傾向が強いからです。

ですので、こういった打ち手のレベルが低い
甘い客層に着目して立ち回ることも大切だと思います。

ただし、こういった台選びや立ち回りが効くのは、その店に高設定が存在することが前提となります

ですので、午前中から昼にかけて立ち回るホールは日頃からデータを取って
客層や稼働率、高設定の有無を必ず確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ジャグラー”昼の立ち回り”のポイントと注意点

お昼からジャグラーで立ち回るときは
REG確率を参考にして高設定を絞り込んでいきましょう

狙い目や台選びの基準としては設定6以上の確率でREGを引いている台ですね。

お昼の時間帯は夕方や夜に比べると回転数こそ付いていませんが、
設定差の大きいREG確率と合算確率に着目すると高設定をGETできる可能性が高まります。

それから、たとえ、朝から高設定をGETできたとしても、
自分が打っている台よりREG確率が良い台が空席になったら
より高設定の期待が持てる台に移動すると勝率もアップすると思います。

昼間の時間帯は、比較的ライバルが少ない状況なので高設定を狙えるチャンスがあります。

また、高設定を掴んだらぶん回せる時間も確保できるのでアドバンテージもあります。

ぜひ午前中から昼の時間帯をうまく立ち回って勝率アップ、収支アップにつなげてくださいね。

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2016年7月19日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します