ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

パチスロ機械割の計算方法

スポンサーリンク


パチスロの機械割とはパチスロ機への投入枚数に対する払い出し枚数の比率のことです。

機械割のことを「ペイアウト(PAY OUT)率」、「出玉率」と言う場合もあります。

機械割の計算式は

機械割=(総投入枚数+出玉枚数−現金投資枚数)÷総投入枚数×100

●総投入枚数…総プレイ数×3枚
●出玉枚数…獲得枚数(ジェットカウンターに流した枚数)
●現金投資枚数…1K=50枚、10K投資なら500枚

ジャグラーの機械割を計算してみよう

例えば、ニューアイムジャグラーEXを打った結果が


総プレイG数:8000G
現金投資枚数:10K=500枚
獲得枚数:2000枚

だったとします。

この場合の機械割を計算すると

機械割=(総投入枚数+出玉枚数−現金投資枚数)÷総投入枚数×100

=(8000G×3枚+2000枚−500枚)÷(8000G×3枚)×100

=(24000枚+2000枚−500枚)÷24000枚×100

=25500枚÷24000枚×100

=106.25%

となります。

スポンサーリンク

機械割から期待値を算出する

では逆に、ニューアイムジャグラーEXの設定6(下記を参照)を
8000Gプレイした場合に期待できる出玉枚数(期待値)を計算してみましょう。

現金投資枚数は10K=500枚として計算


●ニューアイムジャグラーEXのボーナス出現率&機械割

設定 BIG
出現率
REG
出現率
ボーナス
合成確率
機械割
1 1/287.4 1/455.1 1/176.2 95.85%
2 1/282.5 1/442.8 1/172.5 96.70%
3 1/282.5 1/348.6 1/156.0 98.71%
4 1/273.1 1/321.3 1/147.6 100.80%
5 1/273.1 1/268.6 1/135.4 102.80%
6 1/268.6 1/268.6 1/134.3 105.16%

機械割(%)はメーカー発表値

8000Gプレイするということは、8000G×3枚=24000枚投入することになります。

投入枚数に対して105.16%の出玉率なので
24000枚×105.16%≒25238枚

出玉枚数−投入枚数=25238枚−24000枚=1238枚

いっけん、1238枚のコインを獲得すればいいような気がしますよね?

でも、実際には現金投資分も考慮する必要があるので
現金投資分10K=500枚分もプラスしてコインを獲得していなければなりません。

よって、1238枚+500枚=1738枚のコインを獲得しないと機械割105.16%にはなりません。

機械割は期待値(期待収支)を追う指標になる

理論上、機械割が100%を超えるパチスロ台を打ち続けた場合
等価交換のホールならプラス収支で勝つことが可能です。

非等価交換のホールは交換率によって負ける場合もあり

メーカー発表の機械割(%)は、大量のシミュレーションの結果であり
試行プレイG数を増やしていけば、その機械割の数値に近づいていきます。

メーカー発表の機械割(既知の機械割)を利用すれば
そのG数プレイしたときの期待できる出玉を逆算できるので
期待値(期待収支)を追う指標として利用できます。

ジャグラーを含め、機械割が高いパチスロ台を長時間プレイすることで
期待値(期待収支)も高くなり、勝ちやすく安定したプラス収支につながります。

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します