ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

ジャグラーの目押しのやり方をアドバイス

スポンサーリンク


ここでは、

「ジャグラーの目押しがどうしてもできない!」
「ジャグラーの目押しは、どうやったらできるようになるの?」

そういった、ジャグラーの目押しに対して苦手意識を持っている方のために練習方法をアドバイスしたいと思います。

そういう管理人DRAMも4号機時代からジャグラーを打っていますが、打ち始めのころは目押しがまったくできませんでした(;^ω^)

でも、自分でいろいろ試しながら打っているうちに、だんだんとコツを掴めるようになってきて、

今ではボーナス図柄を揃えられたり、チェリー狙いなどの目押しは一通りできるようになりました。

ここでは、そんな自分がやった目押しの練習方法とポイントをわかりやすくご紹介しますね。

ジャグラーの目押しを今すぐにでも克服したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジャグラー 目押しの練習方法とコツ

ジャグラーの目押しの練習方法やコツは?

@ まずは色や塊など、ジャグラーの目押しの目安となるものを認識できるようになりましょう。

↓なんとなくでいいので、こんな感じで赤い塊【7図柄】を捉えましょう!(左リール)
赤い塊【7絵柄】を目押し

↓こちらは左リールに黒い塊【BAR図柄】が出現したときのイメージ
黒い塊【BAR絵柄】を目押し

色や塊を捉えるコツは、ただリールを眺めるだけじゃなくて、リールの回転方向にあわせて目線を上から下に追うと見えやすくなると思います。

ちなみに管理人DRAMは、リールに顔を近づけるより、50cm〜60cmくらい離したほうがボーナス図柄が見えやすいですね。

それから、5号機ジャグラーシリーズは、目押しをしやすいように7図柄が輝いて見える(透過性が良い)ように工夫されているので、7図柄から練習するといいですよ。


A 次は、タイミングを取る練習をしよう♪

ジャグラーの目押しはタイミングで押すのがコツです!! ですので、まずはリールの回転速度に慣れることから始めましょう。

ジャグラーを含め、パチスロのリールの回転速度は1周およそ0.8秒だそうです。

この0.8秒周期のタイミングやリズムを体で覚えるんです

タイミングの取り方は、色や塊が通るたびに筐体をトン、トン、トン・・・と手で軽く叩いてリズムを取るといいと思います。

おおまかに約1秒周期と捉えるとタイミングが取りやすいですよ^^

ちなみに、ジャグラーはボーナスや小役が成立している場合、最大で4コマ滑って停止するので、STOPボタンを少し早めに押すことも目押しのコツだと思います。

スポンサーリンク

”タイミング押し”で目押しの練習【応用編】

ジャグラーの通常時は、チェリーの取りこぼしを防ぐために左リールにBAR図柄を狙う打ち方も必要になってきますよね。

ですので、BAR図柄(=黒い塊)も目押しの練習をしてみましょう。

ですが、管理人DRAMもそうだったんですが、BAR図柄は見えにくいという人が結構いるみたいですね。

そういった場合は、赤7を基準にしたタイミング押しも可能なので、参考にしてみてください。

例えば、アイムジャグラー系の左リールは、赤7の5コマ上にBAR図柄があるので、赤7図柄をかなり遅めに押すことでBAR(チェリー)を狙うことができます。(下図参照)

ジャグラーの目押し応用編【リール配列】

ちなみに、ジャグラーのベルやピエロなどの小役も、ボーナス図柄を基準にしてタイミングで押すことで目押しが可能ですよ。

例えば、中リールにピエロを狙いたい場合は、BAR図柄を早めに押すなど。(上図参照)

また、右リールのボーナス図柄は赤7とBARが連結した塊なので、左・中リールに比べると目押しが簡単だと思います。^^

最後に・・・

ジャグラーの目押しのポイントはまずは、色や塊などが、ぼんやりでもいいので認識できるようになること!

あとは、リールが回転するタイミングを掴んで少し早めに目押しするのがコツだと思います。

最初は思ったとおりに目押しができずに、少しもどかしく感じることがあるかもしれませんが、

失敗しても、とにかく1ゲーム1ゲームに集中して慣れる&反復練習してみましょう。

ジャグラーの目押しができるようになると、これまで以上にジャグラーが楽しく打てると思います。

ぜひこの機会に克服してくださいね!頑張りましょう!

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2017年9月28日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します