ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

SアイムジャグラーEX(6号機)の設定4はどんな出方や挙動を示すのか?

スポンサーリンク


今回は、

『SアイムジャグラーEX(6号機)の設定6はどんな出方や挙動を示すのか?』

『SアイムジャグラーEX(6号機)の設定5はどんな出方や挙動を示すのか?』

に関連して、

同機種の設定4の出方や挙動についてシミュレーションによるスランプグラフの結果をもとに考察していきたいと思います。

SアイムジャグラーEXの設定4はどんな出方をするのか?

SアイムジャグラーEXの設定4は勝てるスペックなの?勝率は?

SアイムジャグラーEXの設定4の波やスランプグラフの挙動とは?

など、SアイムジャグラーEXの設定4に関して、わからないことや疑問に思っていることもあると思います

ぜひジャグラーの立ち回りの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

SアイムジャグラーEX(6号機) 設定4の挙動とスランプグラフ

SアイムジャグラーEXの設定4は、様々なシミュレーション挙動が見受けられましたが、以下、大きく5つのパターンに絞って、それぞれの出方や挙動についてまとめてみましたので、ホールでの立ち回り実践にお役立てください。

すべてSアイムジャグラーEX設定4のシミュレーション結果です。


●シミュレーション条件

機種:SアイムジャグラーEX(6号機)
条件:設定4
ゲーム数:8000G
目押し:チェリー狙い
ボーナス揃えるまでのゲーム数:1

無料で解析!!けんのスロットシミュレーション様にお世話になりました。

ほぼ理論値でボーナスを引いた場合のスランプグラフ例

Sアイムジャグラー 設定5 ほぼ理論値でボーナスを引いた場合のスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定5 シミュレーション結果

上記の結果は、BIG、REGともに、ほぼ確率(理論値)通りにボーナスを引いた場合のSアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフです。

SアイムジャグラーEXの設定4は機械割が101.1%(チェリー狙い時は101.9%)と高くないですが、合算確率が軽い(ボーナスに当選しやすい)ので小刻みな右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が一般的だと思います。

ボーナス合算確率が軽い分、連チャン率も高いのですが、設定5や設定6に比べると若干ハマりやすいといった印象です。

SアイムジャグラーEXの設定4は機械割が高くないので、逆にホール側としてはSアイムジャグラーEXに設定4を投入しやすい傾向にあります。

中間設定という位置付けで、お客側に遊ばせる(稼働を高める)目的で投入されるパターンが多いと思います。

また、ホール選びならデータロボサイトセブンなどのツールを使って、SアイムジャグラーEXに設定4を使っているお店を探すことができます。

スポンサーリンク

BIG偏向型の右肩上がりのスランプグラフ例

Sアイムジャグラー 設定4 BIG偏向型の右肩上がりのスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

上記の結果は、SアイムジャグラーEXの設定5で大きくBIGボーナスに偏った場合のスランプグラフ例です。

なぜ、このスランプグラフ例を掲載したのかというと、SアイムジャグラーEXの設定4はボーナス合算確率あたりを推移して、BIGボーナスに偏った場合、ほぼプラス域で勝つことができたからです。

上記の例では、8000ゲーム回して機械割が111.99%の数値で推移しているので、短い稼働ならSアイムジャグラーEXの設定4は高いポテンシャルを秘めています。

SアイムジャグラーEXの設定4は設定5や設定6に比べるとREG確率が劣りますが、

シミュレーションの結果からSアイムジャグラーEXの設定4でBIGボーナスに偏るパターンはよくある挙動だと感じました。

BIG、REGともに設定4の確率を凌駕したスランプグラフ例

Sアイムジャグラー 設定4 BIG、REGともに設定4を凌駕した超安定したスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

上記の結果は、SアイムジャグラーEXの設定4のBIG、REG確率ともに理論値を凌駕してボーナスを引いた場合の安定したスランプグラフの例です。

現行機種だと、SマイジャグラーVの設定6を思わせる展開のスランプグラフではないでしょうか。

特筆すべき点として、SアイムジャグラーEXの設定4は8000G消化すると最大差枚数が+5500枚に達する可能性があるということです。(上記スランプグラフより)

これは低迷する6号機パチスロ機にとっては朗報なスランプグラフの結果だと言えます。

BIG、REG確率ともに設定6以上でボーナスを引けているときのSアイムジャグラーEXの設定4はかなり安定しており、出玉が増えている間は安心して続行することができます。

スポンサーリンク

V字型挙動!?出玉の波が荒いスランプグラフ例

Sアイムジャグラー 設定4 超REG偏向型!?めちゃめちゃ波が荒いスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

上記の結果は、V字型挙動で出玉の波が荒いスランプグラフの例です。

ボーナスは引けるけどREGボーナスが多く、大ハマり連続でなかなか出玉が伸びない前半(0G〜4000G)とは打って変わって、

後半(4000G〜8000G)は怒涛のボーナスラッシュで差枚数がプラスに転じる波の荒いスランプグラフです。

このスランプグラフから学べる教訓としては、SアイムジャグラーEXはREG確率を信じて打ち続ける勇気が必要だということでしょうか。

シミュレーション上、SアイムジャグラーEXの設定4でREGボーナスの先行パターンはよくある挙動だったので、こういった状況でも粘れるかが勝つためのポイントだと思います。

やはり設定4以上の確率(1/315.1)でREGボーナスが引けている台は、できるだけ様子をみながら粘るべきだと思います。

BIG、REGともに引き弱、大負けパターンのスランプグラフ例

Sアイムジャグラー 設定4 BIG、REGともに引き弱、負けパターンのスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

上記の結果は、SアイムジャグラーEXの設定4で、BIG、REGボーナスともに引き弱のスランプグラフ例です。

差枚数にして3000枚強のコインを一気に飲み込まれる結果です。

SアイムジャグラーEXの設定4は機械割が101.1%程度しかないので、「出ないときは出ない」「大負けの可能性もあり得る」というシミュレーション結果です。

ここまでボーナスが引けないと心が折れて途中でヤメてしまうシミュレーション結果ではないでしょうか。

ただし、こういった右肩下がりのスランプグラフを示すシミュレーション挙動は稀なケースで、ほとんどの場合、出玉は現状維持 or 右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が大半でした。

やはり、SアイムジャグラーEXの設定4もボーナスに引き勝つことが一番大事だと思います。

スポンサーリンク

SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフを大量公開

上述した5パターンのシミュレーション結果だけでは、SアイムジャグラーEXの設定4の出方や挙動を把握するのに少し物足りないと思いますので、

もっとSアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフが見たいという方のために、以下に、アトランダムに試行した10回分のSアイムジャグラーEXの設定4(8000G)のスランプグラフシミュレーション結果を公開したいと思います。

『SアイムジャグラーEXの設定4はこんな出方をするんだ』とイメージしながら、ホールでの立ち回り実践にお役立てください。


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その1

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その2

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その3

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その4

Sアイムジャグラー 設定5 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その5

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その6

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その7

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その8

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その9

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果


●SアイムジャグラーEXの設定4のスランプグラフ その10

Sアイムジャグラー 設定4 スランプグラフ

SアイムジャグラーEX 設定4 シミュレーション結果

まとめ:SアイムジャグラーEXの設定4の出方や挙動

今回は、SアイムジャグラーEXの設定4の8000Gプレイ時のシミュレーションを行いましたが、SアイムジャグラーEXの設定4は、右肩上がりのスランプグラフの挙動を示すのが一般的だと感じました。

SアイムジャグラーEXは、低スペックジャグラーですが、設定4(機械割=101.1%)はボーナス確率が軽いので、安定して出るという印象でした。

特に、BIGボーナスに偏って連チャンしたときの出玉感や瞬発力は、高設定を示唆するようなスランプグラフ挙動も多かったです。

逆に、REGボーナスに偏ると下皿モミモミ状態が続く展開もありましたが、出玉は現状維持、減っていくことはほとんどありませんでした。

また、SアイムジャグラーEXの設定4の特徴として出玉の波の荒さも挙げられると思います。

連チャンとハマりの落差がかなり大きく、波の荒いスランプグラフ挙動が多かったです。

2000枚ほどの出玉が飲まれて、その後一気に爆発するパターンや、さらにそこからハマりに突入するスランプグラフなど。

ですので、一時的にではありますが、SアイムジャグラーEXの設定4は爆発的に出るポテンシャルを秘めていえると言えます。

ちなみに、シミュレーションでのSアイムジャグラーEXの設定4の8000プレイ時の勝率は約65.77%でした。

設定5や設定6に比べると勝率がかなり低くなるので、できれば避けたい設定ではないでしょうか。

ですので、SアイムジャグラーEXは設定4と言えども過度の期待は禁物だと思います。

上述したように、やはり、SアイムジャグラーEXの設定4はBIGボーナスに引き勝つことが一番大事だと思いました。

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2022年1月10日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します