ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

ジャグラーの連チャンとハマリの謎について考察

スポンサーリンク


ここでは、5号機ジャグラーの連チャン(いわゆるジャグ連と呼ばれるもの)とハマリの挙動や仕組みについて考察しています。

ジャグラーの正攻法のヤメ時についても述べていますので、立ち回りの参考にしてくださいね。

4号機時代から、ある意味オカルト的な憶測も飛び交ってきたジャグラーの連チャンとハマリ。その正体とは?

そもそもジャグラーの連チャンとは、ボーナスを連続して引くことです。

何ゲーム以内で引き当てれば連チャンなのか?は定義されていませんが、100ゲーム以内50ゲーム以内クレジット内?が一般的なようですね。

逆にジャグラーのハマリは、ボーナスが引けずに、通常プレイが長く続いている状態です。

ハマリについても定義はありませんが、だいたい500ゲーム〜600ゲームを過ぎたころから「ハマリ」と呼ぶようですね。

みなさんご存知の方も多いと思いますが、4号機と5号機ジャグラーは完全確率方式のAタイプのパチスロ機です。

つまり、毎プレイ、同じ確率で「アタリ・ハズレ」を独立抽選しています。

ではどうして、ジャグラーは連チャンやハマリがおこるのでしょうか?

まずは、下記の【表-1】をご覧ください。

これは、マイジャグラー4の設定1(合算確率=1/172.5)の各ゲーム数ごとのボーナス出現分布を表したものです。

【表-1】ボーナス出現分布(マイジャグラー4の設定1)

ゲーム数 このゲーム数間での当選確率
(振り分け)
ここまでに当選する確率
1〜100G 44.08% 44.08%
101〜200G 24.65% 68.73%
201〜300G 13.79% 82.52%
301〜400G 7.7% 90.22%
401〜500G 4.31% 94.53%
501〜600G 2.41% 96.94%
601〜700G 1.35% 98.29%
701〜800G 0.75% 99.04%
801〜900G 0.42% 99.46%
901〜1000G 0.24% 99.70%
1001G以上 0.3% 100.00%

ボーナスのハマリ確率計算より算出しました


【表-1】より、仮に100ゲーム以内を連チャンと定義するならば、マイジャグラー4の設定1は、ボーナス終了後から打ち始めた場合、44.08%が連チャンします。

言い換えると100人中 44人が連チャンするのです。

結構、高い連チャン率ですよね。

では、どうして44.08%ほどの高い確率で連チャンするのか?

それは、マイジャグラー4の設定1はボーナス合算確率が軽いので、100G以内は確率的にボーナスを引く割合が高いからです。

つまり、完全確率における正規分布の考え方です。

ちなみに、どのゲーム数から打とうがボーナスの当選確率は44.08%と同じ確率となります。

なのに、それを連チャンと思い込んでしまう、まさにジャグラーマジックとでも言いましょうか。

ボーナスが2連、3連、4連・・・最高10連?する、いわゆるジャグ連の謎や仕組みは、このように確率で説明することができます。

ジャグラーには確率変動やストック機能などは付いてないので、連チャンゾーンなども存在しません

スポンサーリンク


また、ハマリとの向き合い方も同じで、基本的には確率の考え方です。

【表-1】より、マイジャグラー4の設定1(合算確率=1/172.5)は、

500ゲーム以上ハマる確率が全体の約5.5%
1000ゲーム以上ハマる確率が全体の約0.3%

大ハマリの記録を更新するのだけは避けたいですが、これもすべて確率の範囲でおこる事象なので受け入れるしか仕方ありません。

それから、ジャグラーにおける「引き」「波」などの考え方も確率論で説明することができます。

「引きが良い(引きが強い)」「引きが悪い(引きが弱い)」というのは完全確率においてはナンセンスな言葉です。

「引きが良い」のは、ただ確率が良いほうに偏っただけのことです。

「引きが悪い」のは、その逆で、確率が悪いほうに偏っただけです。

長時間プレイすれば、ジャグラーのボーナス出現率は必ず収束します。

そして、ボーナスを調子よく引けているときは「良い波」、引けてないときは「悪い波」なだけです。

ジャグラーに意図的な連チャンシステムはないと思います。

 波が荒い出玉スランプグラフの例(下図)
荒波スランプグラフ


それから最後に、ジャグラーの正攻法のヤメ時について少し。

ジャグラーは完全確率方式のパチスロ機なので、連チャンしようがハマろうがその台の期待値がプラス等価交換で機械割が100%オーバーなど)なら打ち続けるべきです。

もちろん、自分が目標とする期待値にもよりますが。

ですので、ジャグラーを打つ時は、設定差のある小役(ブドウやチェリー)やボーナス出現率を参考にしながら自分なりに設定推測をおこない、高設定の挙動を示したら続行、否定したらその時がヤメ時です。

ジャグラーでトータル収支プラス=勝ち組を目指すには、連チャンやハマリ、引き、波などにとらわれず、データや数値、根拠に基づいた確率論で立ち回ることが大切だと思います。

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2018年11月27日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します