ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

ジャグラーの高設定の挙動とは?ハマりやスランプグラフの特徴

スポンサーリンク


ここでは、ジャグラーの高設定の挙動やハマり、スランプグラフの特徴などについて考察していきたいと思います。

みなさん、ジャグラーの高設定で一番気になるのが、ジャグラーの高設定はどんな挙動を示すのか?だと思います。

基本的にジャグラーの高設定は出ると思っていただいて結構だと思います。

しかし、出ないパターンも多いので、出ないから低設定と決めつけるのも早計だと思います。

ジャグラーの高設定はどんなハマり方をするのか?スランプグラフの挙動などについても考察していますので、

ジャグラーの高設定の挙動が気になるという方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ジャグラーの高設定の挙動とは?

ここでは、SアイムジャグラーEX(6号機)を例にして、高設定の挙動について考察したいと思います。

まずは、SアイムジャグラーEX(6号機)のボーナス確率をみてみましょう。


【表-1】SアイムジャグラーEX(6号機)のボーナス確率

  BIG
確率
REG
確率
ボーナス
合算確率
設定1 1/273.1 1/439.8 1/168.5
設定2 1/269.7 1/399.6 1/161.0
設定3 1/269.7 1/331.0 1/148.6
設定4 1/259.0 1/315.1 1/142.2
設定5 1/259.0 1/255.0 1/128.5
設定6 1/255.0 1/255.0 1/127.5

SアイムジャグラーEX(6号機)の高設定はボーナス合算確率が1/127.5〜1/128.5と高いので「大ハマりしにくくボーナスに当選しやすい」という挙動を示すのが一般的だと思います。

この仕様は、他の6号機ジャグラーシリーズに関しても言えることで、高設定域はボーナス確率がかなり優遇されています。

しかしながら、ジャグラーシリーズは完全確率方式のAタイプのパチスロ機なので、高設定といえども大ハマりを喰らって負けてしまうパターンもあります。

みなさん、ジャグラーの高設定を打っているのに負けてしまったという経験をお持ちの方も多数いらっしゃると思います。

このことより、ジャグラーはボーナス確率だけで設定を見極めるのは困難だと言えます。

ボーナス確率が軽い台は高設定と判断するのは早計で「実際は低設定だった」なんていうパターンも多いと言えそうです。

スポンサーリンク

ジャグラーの高設定の見分け方とは?

ジャグラーの高設定の見分け方は、ボーナス確率に加えてブドウ確率も考慮すると、より効率的にジャグラーの高設定を見分けることができます。

SアイムジャグラーEX(6号機)は、通常時のブドウ確率にも設定差が付けられています。


【表-2】SアイムジャグラーEX(6号機)のブドウ確率

  BIG
確率
設定1 1/6.02
設定2 1/6.02
設定3 1/6.02
設定4 1/6.02
設定5 1/6.02
設定6 1/5.78

【引用元:ガリぞうさん】


ブドウ確率をカウント、チェックすることで、設定6を看破できる場合もあります。

ブドウ確率は確率分母が小さく収束しやすいので、設定判別にはとても有効

実際にホールでSアイムジャグラーEX(6号機)の設定6が使われているかを見抜くためにも活用できると思います。ぜひチェックしましょう。

ブドウ確率が1/5.8を切るようなら設定6の期待が高まると思います

ジャグラーの高設定の挙動|ハマりの特徴

1例として、ジャグラー高設定のハマり台狙いについてご紹介してみたいと思います。

ジャグラーのハマり台狙いでは具体的にどういったボーナス履歴のハマり台が狙い目の台選びなのでしょうか?

それは、今までずっと連チャンしてきて、突如大ハマりしている台が狙い目です。

スランプグラフのデータ粒で言うと、下記のようなボーナス履歴の台がおすすめです。

ジャグラーの高設定の挙動とは?ハマりやスランプグラフの特徴

どうして、上記のようなボーナス履歴の台がおすすめなのかというと『今までずっと連チャンしてきた台』=高設定の期待が高まり、

ジャグラーは高設定がハマるとボーナスが収束するように働き、再び連チャンが起こりやすいからです。

上記の例では、スランプグラフのデータ粒が1粒だと100G以内の連チャンが起こったこと、

また、ボーナスが3連チャン、4連チャンしていることから高設定の期待が高まります。

ですので、ジャグラーのハマり台狙いでは、こういった(推定)高設定のハマり台狙いが有効だと言えます。

スポンサーリンク

ジャグラーの高設定の挙動|スランプグラフの特徴

ジャグラーで立ち回っている多くの方がSアイムジャグラーEX(6号機)の高設定狙いで立ち回っていると思います。

やはり、ジャグラーで勝つためには、最も設置台数が多く、高設定の投入率が高いSアイムジャグラーEX(6号機)の設定5や設定6をツモってできるだけ高い期待値を稼ぐことが必要ですからね。

でも、

『SアイムジャグラーEX(6号機)の高設定ってどんな出方をするんだろう?』

『SアイムジャグラーEX(6号機)の高設定は安定して勝てるスペックなの?』

『SアイムジャグラーEX(6号機)は高設定でも負けることがある!?』

など、SアイムジャグラーEX(6号機)の高設定に関して、わからないことや疑問に思っていることもあると思います。

そこで、ここではシミュレーションによるスランプグラフの結果をもとに、SアイムジャグラーEX(6号機)の高設定の挙動について考察していきたいと思います。

ぜひ、SアイムジャグラーEX(6号機)の高設定狙いの立ち回りの参考にしてみてください。

SアイムジャグラーEX(6号機)の高設定は、様々なシミュレーション挙動が見受けられましたが、以下、パターン別に、それぞれの挙動についてまとめてみましたので、ホールでの立ち回り実践にお役立てください。

すべてSアイムジャグラーEX(6号機)の高設定のシミュレーション結果です。


●シミュレーション条件

機種:SアイムジャグラーEX(6号機)
条件:設定6 or 設定5
ゲーム数:8000G
目押し:チェリー狙い
ボーナスを揃えるまでのゲーム数:1

無料で解析!!けんのスロットシミュレーション様にお世話になりました。


●ほぼ設定6の理論値でボーナスを引いた場合のスランプグラフ例
SアイムジャグラーEX 設定6 ほぼ理論値でボーナスを引いた場合のスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定6 シミュレーション結果

上記の結果は、BIG、REGともほぼ確率(理論値)通りにボーナスを引いた場合の、SアイムジャグラーEX(6号機)の設定6の典型的なスランプグラフです。

SアイムジャグラーEX(6号機)の設定6は機械割が105.5%とそれほど高くないですが、合算確率が軽い(ボーナスが当たりやすい)ので小刻みな右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が多かったです。

ボーナス合算確率が軽い分、連チャン率も高くとにかくハマリにくいのがSアイムジャグラーEX(6号機)の設定6の特徴だと思います。

SアイムジャグラーEX(6号機)の設定6は機械割が高くないので、逆にホール側としてはSアイムジャグラーEX(6号機)に設定6を投入しやすい傾向にあると言えます。

ちなみに、SアイムジャグラーEX(6号機)の設定6のBR比率=1:1となります(理論値)

また、ホール選びならデータロボサイトセブンなどのツールを使って、SアイムジャグラーEX(6号機)に設定6を使っているお店を探すことができます。

スポンサーリンク


●BIG、REGともに設定5を凌駕したスランプグラフ例
SアイムジャグラーEX 設定5 BIG、REGともに設定5の確率を凌駕したスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定5 シミュレーション結果  

上記の結果は、SアイムジャグラーEX(6号機)の設定5のBIG、REG確率ともに理論値を凌駕してボーナスを引いた場合の超安定したスランプグラフの例です。

パっと見た感じ、SマイジャグラーVの設定6を思わせる展開のスランプグラフではないでしょうか。

特筆すべき点として、SアイムジャグラーEX(6号機)は最大差枚数が+5400枚に達する可能性があるということです。(8,000G消化、上記スランプグラフより)

これは低迷する6号機パチスロ機にとっては朗報なスランプグラフの結果だと言えます。

BIG、REG確率ともに設定5以上でボーナスを引けているときのSアイムジャグラーEX(6号機)の設定5は、かなりのポテンシャルを秘めており、出玉が増えている間はブドウ確率で様子をみながら安心して続行することができます。


●BIG、REGともに引き弱の大負けスランプグラフ例
SアイムジャグラーEX 設定6 BIG、REGともに引き弱の大負けスランプグラフ例

SアイムジャグラーEX 設定6 シミュレーション結果

上記の結果は、SアイムジャグラーEX(6号機)の設定6で、BIG、REGボーナスともに引き弱(下振れ)のスランプグラフ例です。

SアイムジャグラーEX(6号機)の設定6は機械割が105.5%程度しかないので「出ないときは出ない」「大負けの可能性もあり得る」というシミュレーション結果です。

こういうときに頼りになるのがブドウ確率ですが、ここまでボーナスが引けないと心が折れてヤメてしまうシミュレーション結果ではないでしょうか。

ただし、こういった右肩下がりのスランプグラフを示すシミュレーション挙動はかなり稀なケースで、ほとんどの場合、出玉は現状維持 or 右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が大半でした。

上記の結果から得られる教訓として、SアイムジャグラーEX(6号機)はブドウ確率が設定6以上の場合、ハマってしまった展開でも粘る勇気が必要ということかもしれませんね。

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2022年10月5日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します