ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

Sミスタージャグラー(6号機)の設定6(高設定)はどんな出方や挙動を示すのか?

スポンサーリンク


ジャグラーで立ち回っている多くの方がSミスタージャグラーの設定6狙いを意識して立ち回っているのではないでしょうか。

やはり、ジャグラーで勝つためには、設置台数が多く、設定6の投入率が高いSミスタージャグラーの設定6をツモって、できるだけ高い期待値を稼ぐことが必要ですからね。

でも、

『Sミスタージャグラーの設定6ってどんな出方をするんだろう?』

『Sミスタージャグラーの設定6は安定して勝てるスペックなの?勝率は?』

『Sミスタージャグラーは設定6でも負けることがある!?』

など、Sミスタージャグラーの設定6に関して、わからないことや疑問に思っていることもあると思います。

そこで今回は、シミュレーションによるスランプグラフの結果をもとに、Sミスタージャグラーの設定6の出方や挙動などについて考察していきたいと思います。

ぜひ、Sミスタージャグラーの高設定狙いの立ち回りの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Sミスタージャグラー(6号機)の設定6(高設定)の挙動とスランプグラフ

Sミスタージャグラーの設定6は、様々なシミュレーション挙動が見受けられましたが、以下、大きく5つのパターンに絞って、それぞれの出方や挙動についてまとめてみましたので、ホールでの立ち回り実践にお役立てください。

すべてSミスタージャグラー設定6のシミュレーション結果です。


●シミュレーション条件

機種:Sミスタージャグラー
条件:設定6
ゲーム数:8000G
目押し:チェリー狙い
ボーナスを揃えるまでのゲーム数:1

無料で解析!!けんのスロットシミュレーション様にお世話になりました。

ほぼ理論値でボーナスを引いた場合の右肩上がりのスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 ほぼ理論値でボーナスを引いた場合の右肩上がりのスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

上記の結果は、BIG、REGともほぼ確率(理論値)通りにボーナスを引いた場合の、Sミスタージャグラーの設定6の典型的なスランプグラフです。

Sミスタージャグラーの設定6は機械割が107.3%とそれほど高くないですが、合算確率が軽い(ボーナスが当たりやすい)ので小刻みな右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が多かったです(最大ハマり=553G)。

ボーナス合算確率が軽い分、連チャン率も高くとにかくハマリにくいのがSミスタージャグラーの設定6の特徴だと思います。

Sミスタージャグラーの設定6は機械割が高くないので、逆にホール側としてはSミスタージャグラーに設定6を投入しやすい傾向にあると言えます。

特に、イベント時や出玉をアピールしたいお店では、Sミスタージャグラーに設定6を投入してくるパターンも多いと思います。

ちなみに、Sミスタージャグラーの設定6のBR比率=1:1となります(理論値)

また、ホール選びならデータロボサイトセブンなどのツールを使って、Sミスタージャグラーに設定6を使っているお店を探すことができます。

スポンサーリンク

BIG偏向型の安定したスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 BIG偏向型の安定したスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

上記の結果は、Sミスタージャグラーの設定6で著しくBIGボーナスに偏った場合のスランプグラフです。

8000ゲーム回して機械割が125.61%の数値で推移しているので、Sミスタージャグラーの設定6は侮れません!

今回は、REG確率は理論値より少ないですが、BIGボーナスが安定して引けているので、こういう展開なら安心して打ち続けることができますよね。

Sミスタージャグラーの高設定狙いをしている際に、REGボーナスが少ないと若干不安ではありますが、

シミュレーションの結果からSミスタージャグラーの設定6でBIGボーナスに偏るパターンはよくある挙動だと感じました。

BIG、REGともに設定6を凌駕した超安定したスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 BIG、REGともに設定6を凌駕した超安定したスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

上記の結果は、Sミスタージャグラーの設定6のBIG、REG確率ともに理論値を凌駕してボーナスを引いた場合の超安定したスランプグラフです。

パっと見た感じ、Sマイジャグラー5の設定6を思わせる展開のスランプグラフではないでしょうか(最大ハマり=380G)。

特筆すべき点として、Sミスタージャグラー最大差枚数が+6200枚に達する可能性があるということです。(8000G消化、基本データより)

これは低迷する6号機パチスロ機にとっては朗報なスランプグラフの結果だと言えます。

BIG、REG確率ともに設定6以上でボーナスを引けているときのSミスタージャグラーの設定6は、かなりのポテンシャルを秘めており、出玉が増えている間はブドウ確率で様子をみながら安心して続行することができます。

スポンサーリンク

REG偏向型の下皿モミモミ状態のスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 REG偏向型の下皿モミモミ状態のスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

上記の結果は、REGボーナスに大きく偏った場合のSミスタージャグラーの設定6のスランプグラフです。

ボーナスは引けるけどREGボーナスが多く、なかなか出玉が伸びずに下皿モミモミ状態が続く出方、挙動ですね。

シミュレーション上、Sミスタージャグラーの設定6でREGボーナスの先行パターンは頻繁におこる挙動だったので、こういった状況でも粘れるかが勝つためのポイントだと思います。

やはり設定6以上の確率でREGボーナスが引けている台は、できるだけ様子をみながら粘るべきだと思います。

逆に、ここまでREGボーナスが多いと、ヤメるにヤメられない状況かもしれませんね。

こういった場合には、やはりブドウ確率をカウントしておくと設定推測に役立つと思います。

BIG、REGともに引き弱の大負けスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 BIG、REGともに引き弱の大負けスランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

上記の結果は、Sミスタージャグラーの設定6で、BIG、REGボーナスともに引き弱(下振れ)のスランプグラフです。

Sミスタージャグラーの設定6は機械割が107.3%程度しかないので「出ないときは出ない」「大負けの可能性もあり得る」というシミュレーション結果です(最大ハマり=474G)。

こういうときに頼りになるのがブドウ確率ですが、ここまでボーナスが引けないと心が折れてヤメてしまうシミュレーション結果ではないでしょうか。

ただし、こういった右肩下がりのスランプグラフを示すシミュレーション挙動はかなり稀なケースで、ほとんどの場合、出玉は現状維持 or 右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が多かったです。

上記の結果から得られる教訓として、Sミスタージャグラーはブドウ確率が設定6以上の場合、ハマってしまった展開でも粘る勇気が必要ということかもしれませんね。

スポンサーリンク

Sミスタージャグラーの設定6(高設定)のスランプグラフを大量公開

上述した5パターンのシミュレーション結果だけでは、Sミスタージャグラーの設定6の出方や挙動を把握するのに少し物足りないと思われた方もいらっしゃると思います。

そこで、もっとSミスタージャグラーのスランプグラフが見たいという方のために、以下に、アトランダムに試行した10回分のSミスタージャグラーの設定6(8000G)のスランプグラフシミュレーション結果を公開したいと思います。

『Sミスタージャグラーの設定6はこんな出方をするんだ』とイメージしながら、ホールでの立ち回り実践にお役立てください。


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その1

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その2

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その3

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その4

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その5

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その6

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その7

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その8

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その9

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●Sミスタージャグラーの設定6のスランプグラフ その10

Sミスタージャグラー 設定6 スランプグラフ

Sミスタージャグラー 設定6 シミュレーション結果

まとめ:Sミスタージャグラーの設定6の出方や挙動

今回は、Sミスタージャグラーの設定6の8000Gプレイ時のシミュレーションを行いましたが、Sミスタージャグラーの設定6は、右肩上がりの安定したスランプグラフの挙動を示すのが一般的だと感じました。

Sミスタージャグラーは、低スペックジャグラーですが、設定6(機械割=107.3%)はボーナス確率が軽く、またブドウ確率も設定5以下に比べて一番優遇されているので、安定して出るといった印象です。

特に、BIGボーナスに偏って連チャンしたときの出玉感や瞬発力は、さすが設定6といった感じで、圧巻のスランプグラフ挙動も多かったですね。

逆に、REGボーナスに偏ると下皿モミモミ状態が続く展開もありましたが、出玉は現状維持、減っていくことはほとんどありませんでした。

ちなみに、シミュレーションでのSミスタージャグラーの設定6の8000プレイ時の勝率は92.34%で、充分高い勝率となりました。

ですので、Sミスタージャグラーに高設定を使っているお店を見つけたら、積極的に攻めましょう。

また、Sミスタージャグラーブドウ確率に設定5以下との設定差が設けられているので、ボーナス確率と同時に小役確率をカウントすることで設定6を看破できる場合もあると思います。

小役確率のカウントは、実際にホールでSミスタージャグラーの設定6が使われているかどうかを見抜くためにも有効だと思うのでぜひ活用してください。

スポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2024年6月27日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します