ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

Sファンキージャグラー2の設定1(低設定)はどんな出方や挙動を示すのか?

スポンサーリンク


今回は、シミュレーションによるスランプグラフの結果から得られたデータをもとにSファンキージャグラー2の設定1の挙動と特徴について考察していきたいと思います。

「えっ? ジャグラーの設定1なんて分析して意味あるの?」と思われた方もいらっしゃると思います。

ですが、ホールで設置台数が多いSファンキージャグラー2の設定1の出方や挙動パターンを攻略しておくと、逆に高設定を掴めるヒントにもなるので勝率や収支もアップすると思います。

「Sファンキージャグラー2の設定1はどのような出方をするの?」

「展開次第では大勝ちする可能性もあり得る?勝率は?」

「高設定と決定的に違う挙動とは?」

などについて詳しく考察していますのでSファンキージャグラー2高設定狙いの立ち回りの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Sファンキージャグラー2(6号機) 設定1(低設定)の挙動とスランプグラフ

Sファンキージャグラー2の設定1は、様々なシミュレーション挙動が見受けられましたが、以下、大きく5つのパターンに絞って、それぞれの出方や挙動、特徴などについてまとめてみましたので、ホールでの立ち回り実践にお役立てください。

すべてSファンキージャグラー2設定1のシミュレーション結果です。


●シミュレーション条件

機種:Sファンキージャグラー2
条件:設定1
ゲーム数:8000G
目押し:チェリー狙い
ボーナスを揃えるまでのゲーム数:1

無料で解析!!けんのスロットシミュレーション様にお世話になりました。

ほぼ理論値でボーナスを引いた場合のスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 ほぼ理論値でボーナスを引いた場合のスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

上記の結果は、BIG、REGともほぼ確率(理論値)通りにボーナスを引いた場合の、Sファンキージャグラー2の設定1の典型的なスランプグラフ例です。

Sファンキージャグラー2の設定1は機械割が97%程度なので、長期的にみると小刻みな右肩下がりのスランプグラフ挙動を示す結果が一般的だと思います。

6号機になりボーナス合算確率がアップ(設定2のみ)して勝率も少し高くなりましたが、高設定や中間設定に比べるとハマりやすい傾向にあるといった印象です。

Sファンキージャグラー2の設定1は、低設定という位置付けでお客側からコインを吸い取る(利益を上げる)目的で投入されるパターンが多いと思います。

スポンサーリンク

BIG偏向型の右肩上がりの安定したスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 BIG偏向型の右肩上がりの安定したスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

上記の結果は、Sファンキージャグラー2の設定1で著しくBIGボーナスに偏った場合のスランプグラフ例です。

このスランプグラフを掲載した理由は、Sファンキージャグラー2の設定1は、REG確率がほぼ理論値で、BIGボーナスに大きく偏った場合、ほぼプラス域で勝つことができたからです。

特筆すべき点として、Sファンキージャグラー2の設定1は8000G消化すると最大差枚数が約+3000枚に達する可能性があるということです。(上記スランプグラフより)

Sファンキージャグラー2の設定1は、高設定や中間設定に比べるとREG確率が劣りますが、

シミュレーションの結果からSアイムジャグラーEX(6号機)の設定1でBIGボーナスに大きく偏るパターンはよくある挙動だと感じました。

BIG、REGともに設定1の確率を凌駕したスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 BIG、REGともに設定1の確率を凌駕したスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

上記の結果は、Sファンキージャグラー2の設定1でBIG、REG確率ともに理論値を凌駕してボーナスを引いた場合の安定したスランプグラフの例です。

充分、6号機ジャグラーシリーズの高設定を思わせるスランプグラフではないでしょうか。

上記の例では、8000ゲーム回して機械割が105.31%の数値で推移しているので、短い稼働ならSファンキージャグラー2の設定1は高いポテンシャルを秘めていると言えます。

一時的にではありますが、Sファンキージャグラー2設定1は安定した出方をするパターンもあるということです。

BIG、REG確率ともに理論値を凌駕してボーナスを引けているときのSファンキージャグラーの設定1は安定しており、中間設定や高設定を思わせる出玉挙動を示す場合があります。

スポンサーリンク

BIG、REG引き強の下皿モミモミ状態のスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 BIG、REG引き強の下皿モミモミ状態のスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

上記の結果は、BIG、REGともに引き強で下皿モミモミ状態が続くスランプグラフ例です。

BIGボーナス、REGボーナスともに理論値以上で引けているのに、差枚数がプラス74枚と、辛うじてプラス域をキープしている挙動です。

シミュレーション上、Sファンキージャグラー2の設定1でBIGボーナスに偏るパターンは頻繁におこる挙動でした。

ですので、いかにしてBIGボーナスをたくさん引けるかが、勝敗の分かれ目だと思います。

逆に、REGボーナスが少ないと低設定を疑って、ヤメることも視野にいれておいたほうが良さそうです。

ただし、BIG確率が設定4(中間設定)以上の確率(1/249.2)で引けている台は、できるだけ様子をみながら粘るのもアリだと思います。

BIG、REGともに引き弱の大負けスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 BIG、REGともに引き弱の大負けスランプグラフ例

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

上記の結果は、Sファンキージャグラー2の設定1で、BIG、REGボーナスともに引き弱(下振れ)のスランプグラフ例です。

特に、BIGボーナスの引きが弱く、差枚数にして2683枚のコインを飲み込まれる結果です。

Sファンキージャグラー2の設定1は期待値がマイナスなので、「出ないときは出ない」「大負けの可能性もあり得る」というシミュレーション結果です。

ここまでボーナスが引けないと心が折れて途中でヤメてしまうシミュレーション結果ではないでしょうか。

Sファンキージャグラー2の設定1は、こういった右肩下がりのスランプグラフ挙動を示すシミュレーション結果が多かったので、大きなハマりが連続している台はなるべく避けるようにしましょう。

やはり、Sファンキージャグラー2の設定1もBIGボーナスに引き勝つことが一番大事だと思います。

スポンサーリンク

Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフを大量公開

上述した5パターンのシミュレーション結果だけでは、Sファンキージャグラー2の設定1の出方や挙動を把握するのに少し物足りないと思われた方もいらっしゃると思いますので、

もっとSファンキージャグラー2のスランプグラフが見たいという方のために、以下に、アトランダムに試行した10回分のSファンキージャグラー2の設定1(8000G)のスランプグラフシミュレーション結果を公開したいと思います。

『Sファンキージャグラー2の設定1はこんな出方をするんだ』とイメージしながら、ホールでの立ち回り実践にお役立てください。


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その1

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その2

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その3

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その4

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その5

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その6

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その7

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その8

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

スポンサーリンク


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その9

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果


●Sファンキージャグラー2の設定1のスランプグラフ その10

Sファンキージャグラー2 設定1 スランプグラフ

Sファンキージャグラー2 設定1 シミュレーション結果

まとめ:Sファンキージャグラー2の設定1の出方や挙動

今回は、Sファンキージャグラー2の設定1の8000Gプレイ時のシミュレーションを行いましたが、Sファンキージャグラー2の設定1は、右肩下がりのスランプグラフの挙動を示すのが一般的だと感じました。

Sファンキージャグラー2は、6号機ジャグラーシリーズの中では高スペックジャグラーで、設定1はボーナス確率が軽いのですが、長期的にみると出玉を飲み込まれる展開が多いような気がします。

しかし、BIGボーナスに偏って連チャンしたときの出玉感や瞬発力は、高設定を示唆するようなスランプグラフ挙動も見受けられました。

REGボーナスに偏ると下皿モミモミ状態が続く展開で、出玉は現状維持か、そこから失速する出方を示すパターンも多かったです。

また、Sファンキージャグラー2の設定1の特徴として出玉の波の荒さも挙げられると思います。

連チャンとハマりの落差がかなり大きく、波の荒いスランプグラフ挙動が多かったです。

1000枚ほどの出玉が飲まれて、その後一気に爆発するパターンや、さらにそこからハマりに突入するスランプグラフなど。

ですので、一時的にではありますが、Sファンキージャグラー2の設定1は爆発的に出るポテンシャルを秘めていえると言えます。

Sファンキージャグラー2の高設定と設定1の決定的な違いは、やはり、REGボーナス確率の数値でしょう。

設定6と設定1では1.68倍の設定差があるので、REGボーナスが少ないと、低設定を疑って良いと思います。

ちなみに、シミュレーションでのSファンキージャグラー2の設定1の8000プレイ時の勝率は約32.08%でした(試行回数9999回)。

設定6や設定5などの高設定に比べると勝率がかなり低くなり、期待値もマイナスなので避けたい設定ではないでしょうか。

ですので、Sファンキージャグラー2の設定1は過度の期待は禁物だと思います。

上述したように、やはり、Sファンキージャグラー2の設定1はBIGボーナスに引き勝つことが一番大事だと思いました。

ポンサーリンク

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2022年3月31日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します